ウーマン

外部破損の場合はデータ復旧業者|迅速対応に心底安心できる

小出しをしなくて済む

ファイルとパソコン

ファイル送信サービスは、複数の大容量データを任意の相手に送りたい場合にはうってつけです。いちいちメールやチャットで小出し送信する手間が省けます。どれくらいの料金がかかるのか知りたいなら、公式サイトをチェックしましょう。

もっと読む

無料のものを利用

女性

一時的にデータ送信サービスを利用したい場合、おすすめのところが存在します。会員登録なしで500MBほどのデータまで利用できます。また、何度も利用できるので、正式導入する前の社内トライアルで使ってみるのも最適です。

もっと読む

セキュリティ性能で選ぶ

手紙

円滑にビジネスを遂行する場合は、ウェブメールが必要不可欠です。利用するなら、高いセキュリティ性能を発揮してくれるものが最適です。外部に大切な情報が流出するリスクが少なくなるのは間違いありません。

もっと読む

落としてしまったら

HDDと人の模型

企業によっては、部署異動でパソコンの本体ごと席を移るところがあります。今まで、愛用してきたパソコンなら、異動後でもわざわざログインIDやパスワードを変更しなくても、すぐに開いて利用できます。また、ビジネスチャットやメールアカウントもそのままで利用できるので、問題なく別部署で仕事ができるようになるのは間違いありません。しかし、利用しているパソコンを別の席に移す作業をするのも、なかなか大変です。ノートブック型のものなら、簡単に運び出すことが可能ですが、デスクトップ型だと重量感があるので人によっては重労働に感じてしまいます。それに、本体を手にもって移動している最中に、落下させてしまう場合もあります。慌ててコンセントとネット回線をつないでみて、何も変化なければ特に問題はありません。しかし、パソコンを立ち上げられたとしても、内部のデータがほとんど破損してしまい、見られなくなってしまったらすぐにデータ復旧業者を呼んだ方がいいです。落下させた場合、内部のhddが破損してしまっている可能性があります。ネットで専用のデータ復旧ソフトを利用したとしても、hdd機器自体を直すことは不可能です。あくまで、うっかり操作で消去してしまったデータを元通り復元するためのソフトなので、外部の衝撃での破損には効果がありません。早急に、専門のデータ復旧業者の力を借りて、健全なhddにしてもらってから破損前のデータを元通りにしてもらいましょう。迅速対応に心底安心できるでしょう。